〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画で凹む、英語で凹む

<<   作成日時 : 2011/05/05 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

サモアの首都アピアにはサモア唯一の映画館「MAGIK CINEMAS」がある。
画像
なぜかMAGICではなく“MAGIK”と書いてある

娯楽がほとんどないサモアでの数少ないエンターテインメントだ。
料金は年々少しずつ上がっているものの、現在は10タラ(=400円弱)で普通に新作の映画が見ることができる。

上映されている映画はもちろん英語。
日本語字幕を作る必要がないせいか、モノによっては日本よりも早くお目にかかることができることも多い。


これまでは「どうせ字幕なしで洋画なんて見てもわかんねーし・・・」とずっと敬遠してきたが、英語の勉強を兼ねてつい最近勇気を出していってみた。しかも2週連続で。
(ちなみに僕は飛行機に乗ってもほとんど映画を見ない人)

今回見た映画は、「Hereafter」「Unknown」
映画館自体は意外なことに“普通”の映画館で、至って清潔。ポップコーンなども売っていたし、椅子の座り心地も快適だった。

 ※「Hearafter(ヒア アフター)」:日本では2011/2/19公開後、震災を理由に上映中止
   http://www.cinematoday.jp/movie/T0009506
画像

 ※「Unknown(アンノウン)」:日本では2011/5/7公開予定
   http://eiga.com/movie/56037/
画像

正直、英語に自信はなかったが、映像があれば多少は推測でわかるだろう、、、とタカをくくっていた。が、、、、


全然イミがわからなかった・・・。


聞き取れた英語はたかだか30%ぐらい。
もちろん映像でわかるところもあったが、肝心なところで意味が分からず、結局ストーリーがよくわからないまま終わってしまった・・・。

映画で使われる英語は日常会話に比べて早口だったりわかりづらい表現が多かったりして聞き取るのは難しいとわかりつつも、相当凹んだ一日だった。。。(いや、二日か)
しかし、これに懲りずに面白そうな映画があればまた行ってみようと思う。

無理やり前向きに考えれば、日本語字幕版をまたいつか見てももう一度新鮮な気持ちで楽しめると言うことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
洋画 日本ではそう言ってますが最近年のせいか字幕を読むのが遅くなってきて内容がわかりずらくなってきました

ご安全に。
keiji
2011/05/04 23:37
>keijiさん
私も画面に集中していて字幕を読み落とすことがときどきあります・・・。
ちなみに上記の2つの映画ですが、途中で英語以外の言語が出てくる都合上、英語字幕も出ましたが、こちらも早くて追いつきませんでした*
管理人
2011/05/05 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画で凹む、英語で凹む 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる