〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニフォーム(制服)と罰金

<<   作成日時 : 2011/04/16 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今週、学校でお昼を食べていたら職員室のホワイトボードにこんなことが書いてあった。

---
 ・明日、(先生たちの)新しい制服を着ることで我々のチームワークが示されます
 ・金曜日に各教室のチェックをします
 ・一週間の制服は下記の通り
   (月) 白いシャツとネイビーのラバラバ
   (火) フローラルホワイト
   (水) New Uniform
   (木) フローラルブラウン
   (金) 自由
 ※何か質問があれば、自分自身に聞きなさい

---
画像

サモアでは、先生が着る服にも柄や色を指定して、同じ系統の服で揃える学校がある。
今までうちの学校の先生の服は自由だったので楽でよかったが、3月から校長の気まぐれで、“月曜と火曜は白いシャツにネイビーのラバラバ”という決まりが突然できてしまった。(皆で揃えること自体は別にいいが、やるんだったら学期の最初からやれよとは思う)
僕は白いシャツを持ってなかったのだが、白っぽいストライプを着て行ったら、同僚から一斉にダメ出しをくらい、むかついた。おまけに罰金まで取られた。
ちきしょー。しょーがないじゃん!持ってないんだから。

そうはいっても、白いシャツで毎週日曜に教会へ行くサモア人からしたら、真っ白の無地のYシャツを持ってないことはありえないのだ。
港町まで買いに行く時間もなく困っていたら、大家さんと同僚が一枚ずつくれてなんとか助かった。あと20回も着ないが、自分のお土産にもなるようないい服を1着ぐらい買っておくかな。


しかし、、、ここへきて再び制服(色)の指定が・・・。
しかも“New Uniform”ってどういうことだ??

不思議に思って同僚に聞いてみたら、結構前にすでに決まっていたらしいが、僕にとっては突然のことで再び当惑。。。
「もしや、意味フメーのサモア語の会議で決まっていて俺だけ知らなかったのか!?サモア語わかんないんだから誰か教えてよー。」と思ったが、どうやら他の何人かの先生も2,3日前に知ったらしい。頼むからちゃんとアナウンスしてくれよ・・・。

指定の洋服屋に行って生地を購入し、ソーイング(裁縫)のおばちゃんのところへ持って行って洋服を作ってもらわないといけないので、結局水曜日には間に合わず、またまた無駄な罰金を支払わないといけなくなってしまった・・・。(他にも5人ぐらい罰金対象の同僚がいた)

というわけで、週末に生地を購入しに、はるばるお店へ出向いてこようと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニフォーム(制服)と罰金 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる