〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発への不安

<<   作成日時 : 2011/03/17 18:01   >>

トラックバック 0 / コメント 3

福島原発に関する連日のニュースからは本当に目が離せません
地震や津波関連のニュースや、被災して避難している人のことももちろんですが、今や原発ニュースは世界各国でトップで報道される日々のようです。
協力隊同期によると先進国のみならず途上国ですらトップ記事扱いだそうで、ここサモアでも連日、震災のニュースが報道されています

僕はテレビがないのでまだ一度も見てないですが、一日に何度もネットでニュースをチェックし、NHKの映像を見たり、ラジオを聞いたりして情報収集に努めています。(最近ブロードバンドにしてつくづくよかった・・・)

また、首都アピアでは先日のクライストチャーチでの募金に続き、ついに赤十字が日本への募金を始めたそうです。その様子は首都隊員の同期Kさんのブログに掲載されているので紹介しておきます。(→コチラ

 ■日本赤十字社「東北関東大震災義援金」の案内
  http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html


先日、同僚からケータイメールで深夜に「原発の話ってどんな感じなの?」と聞かれたので今日本で起こっていることや問題点をざっとメールで説明したら、翌日の昼休みには先生5,6人に立て続けに「原発どうなってるの?サモアは大丈夫?最新情報教えてね」と言われました
彼らとしてはとにかくサモアに影響があるかどうかが焦点なようですが、まぁ正直なところでしょう。ただ、サモアでも「雨の日は放射線を含んだ雨が降るので外出しないように」などという事実無根の風評メールも出回っているようでちょっと困りものです


なお、今回の東北地方太平洋沖地震によって、日本列島と朝鮮半島の地理的な距離が2メートル以上広がった)そうです。
また、NASAによると、今回の地震で地球が1回自転するのにかかる時間が100万分の1秒ほど短くなり、地軸が6.5インチ(約16.5センチ)ずれた)とも言われており、どれだけ規模が大きいものだったのかということが改めてわかります。。。


サモアにいる宮城出身のボランティアの方も、未だに家族と連絡がつかないらしく非常に心配です。
会社の友人や先輩の故郷(実家)が宮城や福島にあったことなども最近思い出し、こちらも心配でなりません。

あー、日本国民がこれほど毎日心配し、祈るような思いをしたことは久しくないんじゃないだろうかと日々思います。
神様、仏様、、、東電様!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に原発は心配です。
私達にはどうしようもできなくて専門家に任せるしかないけど、最悪な事態にならないことを毎日ただただ祈ってます。
子供たちもお外で安心して元気よく走り回れるように(>人<)
Stk
2011/03/17 22:05
原発は私も不安です( ; ; )
今は、やっと食料や毛布など
生活に必要な物が届いたのに
ガソリンが足りてなくて被災者の
皆さんに届いてない所も
あるみたいです(´・_・`)

インフルエンザにかかる子供も
いてはるみたいなので
一刻も早く普及出来たらいいと
願うばかりです(>_<)
1人でも多くの人が救われます
ように…(´・_・`)

2011/03/18 00:48
>Stkさん
こちらでもこれだけ心配なので、連日テレビをつければこの関係のニュースしかやっていないほどの日本ではもっと心配でしょうね。
放射線の拡散問題や、原発に頼っている日本のエネルギー事情を考えると、東北地方に住んでいなくても人ごとではない問題だと感じさせられます。

>茜さん
物資の不足には本当に困りますね。特に被災地での食料や日用品不足は命と健康にもかかわるのでなんとかならないものかと切に思います。
東北地方の3月はまだまだ冷え込むと思いますが、我々は我々でできることをしてひたすら祈りましょう。
管理人
2011/03/18 13:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発への不安 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる