〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛犬ビンゴよ、さようなら

<<   作成日時 : 2011/02/18 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 7

ウチの実家には犬がいる
柴犬とビーグルの雑種で、ビンゴという名の元気なメス犬なのだが、メス犬とは思えないほど活発で足が速く、なかなか精悍な顔つきをしているいかにも犬っぽい犬だ。

ビンゴは確か僕が高校3年生の頃、親元から離れて我が家にやってきた。
来たばかりのころ、玄関の片隅に置いた小さなダンボールの中で小さな体を震わせながらキューンキューンと一晩中か細く鳴いていたのを覚えている。あれからかれこれもう16年ほど生きている。


が、その愛犬ビンゴが明日2月19日、16年余りの長い人生(犬生)の最期を迎える。

安楽死・・・だ。


いつも猛ダッシュで走り回ったり、散歩の時はどちらが散歩させられてるのかわからないほど強い力で引っ張っていた元気すぎるビンゴも、さすがに老犬となって僕が日本を発つときは少しずつ老化が進んでいた。
そんな背景もあり、2年の間にビンゴはだいぶ弱ってしまうだろうなぁと覚悟していけど、ここ数ヶ月で急に衰弱が著しくなったと家族から連絡を受けていた。

足が相当弱ってしまい、自力で立つことができない。目もほとんど見えていない。あんなによかった耳もだいぶ遠くなってしまった。当然、散歩にも出ることができないので用を足すためにオムツまでしている。。。
そして何より、体が思うように動かないので本人(本犬)もツライらしく、一晩中鳴いたり吠えたりしていたらしい。

数か月に及ぶ家族の懸命な介護と病院通いにも関わらず、やはりビンゴの状態は一向によくならなかった。
迷いに迷った挙句、ついに安楽死させて安らかに天国に行ってもらうことにしたとの連絡を受けた。

僕としては、長年(僕の人生の半分近く!)付き添った愛犬がそんなに衰弱しているとはどうしても信じ難かったので、安楽死させるという事実をすぐには受け入れられなかったけど、家族の皆が悩んで迷って考え抜いた結果の結論であれば仕方ないと思う。
サモアにいる僕が反対したところで面倒を見るのは家族だし、僕が帰国するまで生き続けていられる保証もない。
何よりビンゴ本人も、思うように自由に動かない体を抱えて毎日毎夜過ごすのはツライはずだし、それを思うとかわいそうで仕方がない。


実はつい先ほど、実家とSkypeをしてビンゴの最期の姿を見た。
確かにショックを受けるほど以前のビンゴとは様子が異なっていた。
キャンキャン鳴く姿を見たら、確かに早く天国に行かせてあげた方がいいのかなぁと思わざるを得なかった。

さすがにパソコンの画面を見る目が潤んだが、最後の姿をしっかりとこの目に焼き付けた。
あぁ、今夜は眠れなそうだ

乳がんのような大病も手術をして乗り切り、ずいぶんと元気な姿で十分生きたビンゴを、どうか家族みんなで安らかな最期を看取ってください。


ビンゴ!天国に行っても元気でな。
半年ほど前に一足先に旅立ったクルタ(近所に住む兄弟犬)もきっと待っているはずだよ。

画像
つい数日前に家族から送られてきた写真。夜鳴きに疲れたのか、安らかに眠っている

画像
元気だったときのビンゴ。いつも散歩に行く時は喜んで興奮して笑顔だった

画像
元気だったときの散歩中のビンゴ。力が強かったなぁ・・・

--

サモアに来てすぐ、会社の元同期を事故で亡くした。
30年以上お世話になった祖母の最期も看取れなかった。
そして愛犬ビンゴの最期にも立ち会うことができない。

わかってはいたけれど、2年間の協力隊とはそういうものなのかなぁ。



わたしの愛犬ビンゴ (シートン動物記)
童心社
アーネスト T.シートン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしの愛犬ビンゴ (シートン動物記) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ビンゴ 涙

なんだか大切な人とのお別れに立ち会えないのは、やっぱり辛い・・・・

たった2年と思っていたけど、
こっちにきて、2年の長さを痛感した私です・・・

びんごが、天国でいっぱい走り回ってますように
もな
2011/02/19 01:56
我が家のポチも2年近く老犬介護して、亡くなったよ〜安楽死させちゃうんだね。
介護は超大変だったけど・・・・
犬が亡くなった際の両親の様子が本当に痛々しくて、二度と動物は飼いたくないし、
自分が先に死ぬのは避けたいな・・と思いました。
ゆうこりん@ANA
2011/02/19 16:59
>もなさん
2年はあるときは短く、あるときは長いですね。
両親から連絡があり、ビンゴは安らかに眠るように天国に行ったそうです
そうですね、きっと元気に走り回ってるはず!ありがとうございます。
管理人
2011/02/19 18:44
>ゆうこりんさん
確かに安楽死の判断は難しいところだと思います。
僕も今回、ビンゴの死を通じて色々と考えさせられるものがありました。
たかが犬、たかがペット。でも16年も一緒に暮らせば立派な家族ですからね
帰国したら在りし日の元気な姿の写真やビデオを見返したいと思ってます。
管理人
2011/02/19 18:49
ビンゴちゃんかわいい(*^_^*)

16年って長いですね。
きっと木村さんとの思い出は
ビンゴちゃんの心の中に
残ってると思います!!
天国に行っても元気でね。

2011/02/19 19:57
ビンゴが天国に行ってしまったなんて..久しぶりにブログを見て、涙するとは思わなかった。
ミルクが昨年末に天国に行ったから、天国で会って友達になっていればいいなと思います。
さて、明後日3/3は結婚です!!
新たな人生の門出、ビンゴもミルクも喜んでくれるよね〜
まゆ猫
2011/03/01 17:27
>まゆ猫さん
そうなんです、、、ついにあの元気だったビンゴも天国に行ってしまいました。ミルクも昨年末に先立っていたとはビックリでしたが、きっと友達になってるでしょう。
というかご結婚おめでとうついにですね〜。お幸せに
管理人
2011/03/01 19:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛犬ビンゴよ、さようなら 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる