〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 先生がまた一人いなくなりそう

<<   作成日時 : 2010/04/14 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【4/13】

 昨夜から続く豪雨&すごい雷で、朝から停電
 いつもは明るくなる時間も、まるで明け方のような暗さ。珍しく少し寒いとさえ感じてしまう気温です(と言っても25度ぐらい)。こんなに涼しいと感じる日は初めてかも。

 朝になっても雨が止まないので久々にバス通勤。乗ってしまえさえすればやっぱりバスは楽だなぁ。

 雨の日は生徒が学校に来ない(=少ない)というのは途上国ではよくあることですが、この日は学校に行ったら先生が全然来てませんでした。もしや、、、とは思ったけど、どーゆーことよ!?いつもと大して変わらない時間の出勤にも関わらず、初めての一番乗りでした。
 学校に限らず、雨が降ると出勤が遅れるのはサモアでよくあることです。そしてそのこと自体も特に咎められない。いいような悪いようなそんな感じです。

 そしていつもは決して電気をつけない教室も、この日ばかりは暗すぎるのでこんなに多くの教室がLight on。
画像

 いつも通り授業をし、なぜかいつもよりちょっと豪勢なランチが出されてたっぷり堪能。
画像

 こちら(↓)は明日から学校を1か月も休んでニュージーランドへ行くという若手の同僚Wally。
画像
 サモア語で意味不明の職員会議の内容を、いつも親切・丁寧に説明してくれた優しく勤勉な先生です。どうやら、1月に結婚したばかりのに嫁さんがNZで働いているため、奥さんに会いに行くそうな。
 しかし、先生が不足しているにも関わらず次々に抜けていきます。。。(他にも、新学期の初めからNZへ行ったっきり連絡もなくいつまで経っても帰ってこなくてクビになった夫婦の先生や、先週から産休で休んでいる先生がいる・・・)

 そして午後の授業に行こうと思ったら、突然授業がまるまるキャンセル!
 何かと思いきや、全校生徒が集まってWallyの見送り会をするとのこと。おいおいー。予定していた授業計画がまた崩れます・・・。

 一番大きな教室に全校生徒(250名近く!)を詰め込みます。ここまで人口密度が濃いとさすがに蒸して暑い。
画像

 歌ったり見送りの言葉をした後にお祈りをします。
画像


 Wally先生からの別れの言葉もありーので、まるで今日で辞めるかの勢い。締めは生徒の歌に合わせて予告もなく先生のダンス。僕ともう一人のピースコーのボランティア2人が前面に立たされて踊らされました(超適当)。とりあえず生徒たち大笑いで大盛り上がり。
 生徒たちが自宅から持ってきた贈り物も渡されました。
画像


 本人曰く、2学期からは復帰するとのことですが、本人は以前から教育省に辞めたい旨を伝えていたそうなのでもう戻ってこないかもしれません。そんな感じだったので記念写真も撮っておきました。
画像

---

 そして、、、家に帰っていつも通りネットでもしようかと思ったら、モデムが故障!
 原因は不明ですが、モデムが認識されないため、おそらく昨夜の雷でモデム自体がやられたのかもしれません。。。ショック―。

 ということで、今は港町のネットカフェからアップしてますが、しばらく家からネットができなくなってしまいました*困った困った。そんなこんなで今は帰宅後が実にヒマです。。。(復旧見込み未定。新USBモデムを日本から入手しないと・・・)

 暇すぎて夕方に昼寝をしたら風邪を引きそうなぐらい涼しかった。
 ふと気付けば今日は汗をほとんどかいていない一日だったなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先生がまた一人いなくなりそう 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる