〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 首都アピアへ上京

<<   作成日時 : 2009/11/02 07:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先輩隊員からのお誘いがあったので早くも週末に首都アピアへ上京しました。
決してサバイイが嫌で逃げ帰ってきたわけではありませんので、念のため。
しかし、治りかけではあるのですが風邪がずーっと完治せず長引いています・・・。

<10/30(金)>
 僕の住居を手配するべき校長も、首都での会議やらなんやらを理由に今週学校に来たのは月曜の朝だけ。そりゃいつまで経っても家が決まらないワケです。。。
 そして、僕と一番仕事の関わりのあるべき先生が今週一度も学校へ来ず。理由があるにせよ、やる気がなさすぎで先が思いやられます。
 そんなわけで、他の先生から頼まれて、穴のあいた1時限目の授業をいきなり代理で受け持ちました。何をやっていいのかわからないなりにも、大学受験を間近に控えたYEAR13(17〜19歳ぐらい)ということで、真面目な生徒たち出で助かりました。今回はなんとか適当にごまかしつつ終了。フーッ。
 毎週金曜日の3時限目は歌、4,5時限目(午後)はスポーツということで、僕らは暇。しかもこの日は雨が降っていたので、スポーツは中止になり、12時には終業です。ラッキー♪僕の小学校時代にあった土曜日の午前授業並みのウキウキ気分です。

 そして、午後ははるばる4時間近くかけて首都アピアへ上京。先輩隊員の家で開催された「SUSHI Party」へ!しかし体調がすぐれない中でのこの長時間移動はなかなかしんどいものがあります。
 「SUSHI Party」には米国版JICAとも言われるU.S Peace Corps.(通称:ピースコー)やオーストラリアのボランティア隊員たち10人ほども集まってわいわいと盛り上がりました。
 正直言って、お祭り好きの彼らとうまくなじめる気がせず、また語学の壁(必要以上にこちらが物怖じしてしまう)も邪魔をして一歩引いて付き合ってしまいますが、この日はざっくばらんに飲み食いしながら楽しめました。そして新鮮な魚が本当においしい!!サモアでは魚料理とフルーツには事欠かないことは恵まれています。
 狭いこの国で、同じ外国人ボランティアという立場でもあり今後も何かと付き合いが多くなるため、ピースコーたちとも少しずつ仲良くなっていければいいな。

<10/31(土)>
 ピースコーがメインで実施する「ハロウィンパーティ」へ。
画像

 仮装なんて当然持ってなかったし、バカ騒ぎするのはあまり好きではなかったので参加を迷っていましたが、隊員連絡所に過去の隊員が残したお面などがあったので、意を決して先輩とともに参加!僕は“マイケルジャクソン風”なグッズを利用しました。皆、それぞれおかしなかっこうをしていてなかなか面白かったです。それ仮装か!?というようなメンバーもいたして・・・(タイツをかぶってたり、ただ上半身裸になってたり)まー、変な格好をしながら軽く飲み食いをするだけの意外と落ち着いたものでまずまずでした。

僕ら21-2次隊の3人組。なんでもいいからとりあえず仮装だ〜という感じでやっつけでしたが、なかなか面白い絵です。
画像

“自称ティンカーベル”と“自称ドラキュラ”。
画像


 あ!そういえば10/26に同期のSVの方がようやくサモアへ到着!
 家庭の事情で僕らの一か月遅れの到着でしたが、このハロウィンパーティで久々の再会です。再会がうれしくて、この日はほとんどこのSVの方と話していました(笑)。やはり一緒に駒ヶ根を過ごした仲間だけあって、久々に会えると嬉しいし、なんだか落ち着きます。僕からするとお父さんと妹みたいな年齢関係の21-2次隊の3人ですが、これから23ヶ月間、励ましあって仲良くやっていこうと思います。

<11/1(日)>
 サバイイ島から持ってきたたまった洗濯物を一気に洗って乾燥機にかけ、気持ちのよいお湯シャワーをしっかりと浴びて、図書室にあるいくつかの本を物色し、またはるばる4時間弱かけてパラウリ村へ帰ります。次にアピアに上京するのはいつかな〜・・・(一ヶ月以内には確実に)。


 ※写真は後日まとめてアップしますので悪しからず。。。ごめんちゃい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首都アピアへ上京 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる