〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 正直言うと、、

<<   作成日時 : 2009/10/16 04:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 こちらに来て2週間以上が経過しますが、まだ全然サモアを満喫しておらず、サモアらしさを実感する機会も少なく、イマイチ“楽しい”とは思えない状況です。もちろん旅行や遊びで来たわけでもないので当たり前と言えば当たり前なのですが、何か物足りない。そして落ち着かない。各国での同期隊員の楽しそうな報告を聞いているとなんだか少しうらやましい気もします。

 というのも、到着翌日のあの大地震&津波で、国全体もオフィスもバタバタ。やむを得えないとは言え、僕らは少々ほったらからしな状態でスタート。津波直後ということで、楽しみにしていた海洋訓練(シュノーケル実習)ももちろん延期。そのため、せっかくの休みの日も未だ海には行けず。
 休日を利用して、被災地のボランティアに行けたのはとてもよい経験になったし、今しか見られない状況をこの目に焼き付けることができたのは大変よかったですが、今のところは市内観光はもちろん、滝見物やダンスショーなどの数少ない観光地を特に巡ることもなく淡々と日々過ぎています。なんというか、サモアに来た“特別感”が足りないというか。
 平日は平日で朝から夕方まで語学レッスン。終わったら終わったで夕食があるのでホームステイ先へ。なんだかんだで一日がなんとなーく、かつどんどん過ぎ去っていく毎日。外食もほとんどしていないのでお酒を飲む機会も少ないわけで。
 1人ぼっちよりはよいですが、同期隊員が2人だけというのもちょっと寂しい理由かもしれません。

 あと、なにげに大きいのが生活リズムの安定のなさ。
 到着後数日はJICAオフィスと同じビルにある“隊員連絡所(通称 ドミトリー)”なるところに宿泊していましたが、5日後にはホームステイ先へ。そこで2週間過ごした後は再びドミトリーへ引き返し、5日後の10/21にはついに恐怖の新居(?笑)が待ち受ける赴任先のサバイイ島へ。やはりベースとなる住居が落ち着くまではどうもしっくり来ないのかなぁ。。。

 同期の皆さん、どんな風に楽しんでますかー?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正直言うと、、 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる