JICA駒ヶ根訓練所における生活の違い

今まで色々な写真で登場してきた駒ヶ根訓練所ですが、今日は少し違った観点でご紹介します。
画像


訓練所の建物は大きく分けて宿泊棟研修棟に分かれていますが、建物自体が建て増し建て増しを積み重ねてきたので、迷路のように非常に複雑な作りになっています。体育館や講堂やグランドやテニスコートもあったりあっちとこっちが繋がったりするので、はっきり言って入所して1週間ぐらいはたいてい皆が皆迷子になります。館内案内図も配られるのですが、めちゃめちゃわかりづらくて見ると余計に混乱します。

宿泊棟1号館2号館の二つがあり、山の中腹に建てられているので斜めの敷地を切り崩した感じで、玄関から1フロア上ったところに1号館の1Fがあり、1号館を通り抜けてしばらく歩くと2号館の入口についてそこがなぜか3Fになっているという意味がよくわからない構造です。(あー、言葉じゃ説明できん)

今日はその1号館と2号館の違いを写真でご紹介。

1号館:男子の宿泊棟。研修棟や食堂から近いが古い。L字型をしていて完全に集合寮のイメージ。僕はこっち。。。
2号館:主に女子の宿泊棟。研修棟や食堂から遠いが新しい。ロの字型をしていてちょっとしたビジネスホテルのイメージ。一握りの運の良い男子はこっち。昔は完全に女子棟だったという話もあり、男子が立ち入ることは許されなかったというウワサ。

1号館在住の友人曰く、「どうせなら2号館は見ない方がよかった・・・」とのことでしたが、勇気を出して偵察してきました。以下ざっと。


2号館の中庭。ライトアップなどされていて緑が素敵です。ベンチもあり、いかにも恋が生まれそうな中庭です。
画像

1号館の中庭。僕の部屋(3F)から見えますが、芝生の緑はキレイです。ベンチもあり、蒲団が干せそうな中庭です。少し階段を降りるともうひとつ中庭があり、その付近ではタバコが吸えますが、恋は生まれそうにありません。
画像

画像


2号館の廊下です。ちょっとしたビジネスホテル風でキレイです。額縁に過去の隊員たちの楽しそうな写真やキレイな世界の風景なんかが飾ってあります。木の色が心を落ち着かせます。
画像

1号館の廊下です。老化です。屋根も低く、鉄の扉と白い蛍光灯が病院か刑務所をイメージさせる冷たい感じです。開けっ放しの非常扉から入ってきた虫たちが壁や床に張り付いていて、いつでも昆虫見学ができます。先日夜中にカブトムシが舞い込んできて、ゴキブリかと思ってかなりビビりました。
画像


2号館の「サロン」と名のついた談話スペース。暖室系のライトが温かい感じを醸し出しています。ミーティングなどもでき、新聞や本やプリンタが置いてあり和める空間です。落ち着ける和風な部屋もあってうらやましい限りです。窓の向こうには軽井沢あたりを彷彿させるテニスコートが見えます。ミーティングもはかどりそうですし、談話で恋も生まれそうです。
画像

画像

画像


1号館の談話室。“サロン”ではなくあくまで“談話室”という名前が付いています。確かに談話はできますが、蛍光灯の光が“昭和”感をより一層引き立てます。短パン姿で朝の新聞を読むのには向いています。ウイルスにやられた起動の遅いPC、冷たいパイプイス、掃除機、壊れかけのアイロンなどが無機質に置いてあります。
画像

画像


2号館洗濯&乾燥室。最新式の洗濯機&乾燥機が多数設置してあります。さらに超広い乾燥ルームで洋服を干すことができ、皆重宝しているようです。
画像

1号館洗濯&乾燥室。洗面所と兼務です。乾燥ルームもあるようですが、別の場所にあるため使っている人はあまりいません。
画像


2号館のトイレ手洗い所兼洗面所。めっちゃキレイです。自動で水が出てきます。鏡がピカピカです。
画像

1号館のトイレ手洗い所。ここで洗面はしたくないので洗濯機の方で顔を洗います。ボタンを押すと蛇口からはものすごい勢いが出てきて、水が跳ねて水被害を受けます。鏡を見るといつも冴えない顔が映ります。
画像


2号館の“お手洗い”。キレイな個室で当たり前のようにウォシュレット設置です。トイレ自体がとても清潔です。
画像

1号館の“便所”。お手洗いではなくまさしく「便所」という感じです。床はどこからか染み出してくる液状でいつも濡れていて注意が必要です。3Fは元女子便所だったようで、男子用便器はありません。
画像

画像


部屋については作りはあまり変わりありませんが、微妙~に1号館の方が広いようです。ただ、家具や机についてはちょっと違っていて、甲乙つけがたいです。
2号館の部屋。机が少し狭く、机の前に棚がありません。ただ、クローゼットが大きく、大きな本棚もあります。
画像

画像

1号館の部屋。1号館よりは机が横も奥行きも広く勉強がはかどります(ウソ)。机の前の棚は重宝しますが、クローゼットが小さく大きな棚もないので、物の収納に少し困ります。ちなみに3Fだけは出窓があり、そこに少し荷物を置けます。
画像

画像



どうでしょうか?少しは僕らの生活レベル(2号館>1号館)の違いを感じ取れたでしょうか?
どう見ても2号館の方が気持ちよく生活できそうですが、1号館は完全男子寮なので楽っちゃ楽です。また教室や食堂にも近いので便利です。(プラス思考)

1号館と2号館の比較については惨めになるのでこれ以上しませんが、引き続き駒ヶ根訓練所の写真はアップしていきますのでお楽しみに。

"JICA駒ヶ根訓練所における生活の違い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント