シナとウナギの伝説

サモアには昔から言い伝えられているいくつかの神話のような伝説がある

日本昔ばなしもそうだが、各国に残されている言い伝えや伝説を読むと面白い。これらの言い伝えが、ただの“お話”としてではなく、“神話”として残るものにはきっとそれなりの理由や地理的・文化的背景があると思うと非常に興味深い

今日は、サモアでも有名な「シナとウナギの伝説」について、いくつかの話を紹介しようと思う。少々長くなるが、ぜひ目を通してもらえればと思う。

---
 昔、サモア・サバイイ島のある村に、シナ(Sina)という大変綺麗な娘が住んでおりました。
 ある日、シナが泉へ水を汲みに行くと、小さなウナギがおりました。シナはそのウナギを持ち帰って飼う事にしました。

 最初は小さな器に入れて飼っていましたが、そのうちにだんだんと大きくなりました。シナはウナギを大きな容器へ移し、最後はまた泉に放すことにしました。しかし、それでもまだウナギは成長を続け、次第にシナは恐ろしくなって、ある日ウナギから逃げ出してしまいました。
 ウナギはシナを追いかけますが、シナはウナギを恐れ、逃げ惑いました。結局、ウナギは村の人たちに首を切り落とされて殺されてしまいました。そして村人たちは、そのウナギの頭を、泉の近くに埋めたのです。

 しばらくして、ウナギの頭を埋めたところから植物の芽が出てきました。その植物は空へ空へと高く伸び上がり、ついには実をつけたのです。村人たちがこの実の皮を向くと、なんとその実にはウナギの顔が現れました。そういえば、その植物の幹はウナギの胴体のように細長く、空へ伸びています。実を割るとその中には甘くておいしい水がたっぷりと入っていました。

 実は、ウナギの頭から生えてきた植物は椰子の木(ココナッツ)だったのです。ココナッツの実をよく見ると顔の用に見えるのは、このウナギの目と口だったのです。

---

画像
ココナッツの実をむくと必ず3つの点小さな丸があるが、なぜか一つしかうまく穴があかないようになっている。この飲み口にあたる部分がウナギの口である

画像
どれを見ても3つ丸があるのがわかるだろうか?本当に顔みたいだ

画像
ウナギの顔よりおばさんの顔に目が行ってしまいがちだが、こちらも目と口がよくわかる


もう一つの解釈。基本はどれも似ているが、細かいところが微妙に違う。
---
 昔、サモアにシナという娘がおり、その美しさは遠くフィジーにまで聞こえていた。フィジーに住むトゥイフィティという男もそれを聞き、彼女を妻にするためサモアに出かける決心をした。

 シナは毎日、料理のために水を汲みに行くのを仕事にしていた。いつものようにひょうたんを持って海辺に行くと、小さなウナギがいる。可愛く思って連れて帰り、お椀に入れて飼う事にした。けれど、ウナギはすぐに大きくなってお椀に入りきれなくなったので、家の近くの泉に放した。ウナギは更に大きくなり、泉でも足りなくなってきた。シナは母に相談して、共同の水浴場に移した。

 ところが、それからシナが夜に水浴場に行くと、ウナギが彼女に絡み付いていたずらをするようになった。シナはウナギが怖くなり、別の場所に行って水浴びすることにしたが、恐ろしいことにウナギはそこに移動して待っていたのだ。

 シナは逃げる決心をして、ある早朝に旅だった。しかし彼女が休憩して水を飲もうとするたび、水場に必ずあのウナギが待ちうけていた。シナはついに別の島に渡ったが、それでもウナギは追ってきた。逃げつづけるシナはついにある村に辿りつき、神殿の中に逃げこんだ。ウナギも追って来て神殿に入りこんだが、ぐったりとしてこう言った。

「シナよ。私はあなたを妻にするために はるばるフィジーからやってきたトゥイフィティだ。魔法でウナギに変身したが、その魔法を忘れてしまい、もはや人の姿に戻れなくなった。私は疲れ果てて間もなく死ぬが、私が死んだら頭を切りとってあなたの家の前に埋めて欲しい。そこから木が生えてくるだろう。その葉でうちわを編み、実がなったら果汁を飲んで欲しい。あなたが実に口付けて果汁を飲むたびに、私と接吻することになる」と悲恋の言葉を言い残し死んでしまった。

 こうして、シナが埋めたウナギの頭から最初のココ椰子の木が現れた。そのためにココ椰子の実には、鰻の目と口があるという。

 (某HPより引用。参考文献は、『「物言う魚」たち ―鰻・蛇の南島神話―』 後藤明著 小学館 1999 とのこと)
---


他にも、実はシナとウナギは恋に落ちていたが、そのことにひどく反対した両親にウナギを殺されてしまった。それを悲しく思ったシナが頭を埋めたところココナッツが生えてきて、その実を飲むたびにシナはウナギとキスができたという解釈のストーリーもある。


ちなみに、シナがウナギを見つけた泉は、現在も“シナとウナギの泉”としてサバイイ島に残っている。
画像
サバイイ島北岸のSafune村にある「MATA OLE ALELO POOL」。残念ながらシナの絵は全然かわいくない

画像
これが伝説のプール。金を払って見に行ったが、ただの淡水の湧水プールで、村人が泳いだり洗濯したりしていた。神話感ゼロ。ただし水は冷たく澄んでいて非常にきれい

また、最初にココナッツの木が生えたと言われる場所も、首都アピア近郊のMoataa村というところにあるらしい。こちらはいつか機会を見つけて行ってみたいと思っている


このウナギ伝説は、似たような話がポリネシア各地に残っており、ポリネシア人が散っていく段階で各地に語り継がれていったものと考えられる。ウナギが美青年に化けたり、シナが他の島へ逃げていくのを追いかけたりといろいろな変化はあるが、最後に殺されて首を埋められ、そこからココヤシが生えてくるのは共通しているらしい
また、シナという名前の美女もポリネシア各地でよく出てくる。トンガ、タヒチ、ツアモツ諸島ではヒナと呼ばれ、クック諸島ではイナと呼ばれているようだ。ちなみに、サモア人にはSinaという名前の女性が多いことも興味深い。


余談だが、サモアを訪れた観光客にこの伝説を広めるため、活動の一環でサモアにまつわるちょっとしたお土産の品を作っている美術隊員がいる。
彼女は現在、アピアのアートスクールに勤務しているが、廃材のダンボールをうまく利用して生徒たちにこの神話から想像される絵を描かせて、絵ハガキとして販売する計画らしい。実物を見させてもらったが、手作り感のあるなかなか素晴らしい作品で僕も欲しいなぁと思うほどだった。まだまだ数も少なく小規模だが、今後色々な伝説・神話をお土産用の絵ハガキにしていってほしい
画像
画像
廃材のダンボールを利用した絵ハガキ。神話の絵は生徒たちの作品


日本の色々な昔ばなしも、もう少し深く読み解いてみると意外と面白いのかもしれない。
まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組)
東宝
2011-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント