サモアのマクドナルド

サモアにはマクドナルドがある。
言うまでもなく、コカコーラ、ネッスル、マイクロソフト、トヨタ、ホンダ、ソニーなどと同様、世界のどこへ行っても商品を目にする超有名国際企業だ。
画像

さすが世界のMcDonald's。首都アピアのド真ん中にある一店舗だけだが、こんな小さな島国にまでも進出しているのは驚きだ。

と言っても、協力隊が行くような途上国にはもちろんマクドナルドすらないような国もたくさんある。
そういう意味ではサモアは割と都会なのかもしれない。いや、そうでもないか・・・


そんなサモアのマクドナルド。
ちょっとお金を持ってるシティサモアン(←造語:首都に住むちょっとリッチな都会っ子のこと)や若者で賑わう人気プレイス。
半年ほど前に改装してきれいになったのだが、それとは一切関係なく、僕も最近月に一度ぐらいのペースで行くようになった。
もともと、ファーストフードやジャンクフードは比較的行かないタチなので日本でも3ヶ月に一度も行かなかったが、そういう意味では日本にいたときよりもよっぽど頻繁かもしれない。

サモアじゅうが休みになる安息日の日曜日ですら空いている貴重なレストランなので、日曜の食事で困った時にはときどき行くことがあるが、もっぱらのお目当てはアイスクリームおいしいソフトクリームがたった2タラ(約70円)で食べられるので、暑い日中には無性に食べたくなることがあるわけだ。

一歩お店に入るとそこはもう先進国と同じ
もちろんメニューは日本と多少違うが、世界共通のオーダーシステムやハンバーガーやポテトを作ったりするお馴染みの機械を目にすると、ここが途上国であることを忘れさせる。店員さんがちょっと色黒でふくよかなサモア人であることを除けば。。。
画像

「体がデカくて動物のようにムシャムシャと大量の料理を平らげるサモア人が食べるマックのハンバーガーはどんだけデカいんだろう?下手したら、本場アメリカのハンバーガーよりも一回りぐらい大きいのが出てくるかも知れない・・・」と期待半分・ビビり半分で食べたサモアンマックのハンバーガー。


ちっちゃっ
画像
画像


ビッグマックもフィレオフィッシュも片手にちょこんと乗る程度の大きさ。日本で一時期流行った80円バーガーぐらいの大きさで、だいぶモノ足りない!
これが本当にビッグマックか!?ビッグマウスの間違いじゃないか??
野菜もかなり貧相で、栄養のなさそうなしわくちゃのレタスが色付けのごまかし程度に入ってる感じ。
こんなんでサモア人はホントにお腹いっぱいになるのかな~。。。

ま、味は一応マック風だし、ポテトもアイスもおいしいんですけどね。

この記事へのコメント