〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS どら焼き作りに挑戦

<<   作成日時 : 2011/08/09 18:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

帰国日はまだ確定ではないですが、おそらく
 【9月24日早朝・サモア発】→【9月26日早朝・日本着】
となる模様。近日中に確定しそうなので、またお知らせする予定です。

残る週末がたった6回と思うと、もう一度行きたいところやまだ行ったことのないとこをめぐる計画で、毎週末大忙しです。。。

そんな先週末は、アポリマ島(Apolima island)という小さな島へ行く予定でした。
サモアには、首都アピアのあるウポル島と、僕が住むビッグアイランド・サバイイ島の他に、2つの有人島(マノノ島とアポリマ島)があります。(その他は無人島がいくつかある)

なかでもアポリマ島は外部の人間が立ち入ることが極めて難しい環境で、協力隊員でもなかなか足を踏み入れる機会がありません。
そこへ行くチャンスが帰国間際についにやってきたのですが、出発直前の当日朝になって「悪天候のため、波が荒くてボートが出ないという連絡が入り、泣く泣く延期が決定。。。

今週末の3連休(サモアは父の日で祝日)に最後の望みをかけて挑みます。
無事行って無事帰ってきたらレポートしたいと思います。(が、時間的にできるかな・・・)


そんなわけで、急きょ予定がなくなって貴重な土日を首都のドミトリーで呆然と過ごしていたのですが、そんな寂しいオーラを感じ取ったのか、UNで働く日本人の方々のこじんまりホームパーティにお招きいただきました。ありがたや。

一品持ち寄り制で「デザートを持ってきてと言われたので、おやつ作りの本をパラパラめくって悩んだあげく、初めてどら焼きを作ってみました。
どら焼きと言ってもパンケーキミックスを使った“簡単パンケーキどら焼き”です。

どら焼きは自分でも食べたかったし、だいぶ昔に帰った先輩隊員からもらったゆであずきの缶詰が手元にあったので、帰る前に一度ぐらいは・・・と思い、チャレンジ
画像
パンケーキミックスで作った生地を焼く

画像
井村屋「ゆであずき」。これがなければ僕にどら焼きは作れない。これを軽く煮るだけ。

あずきをグツグツと煮て、焼いたパンケーキの間に挟むだけなので、本格的などら焼きとは言えないかもしれませんが、サモアにいるとこれが立派などら焼きにすら思えてしまうので不思議です。
画像
出来上がったパンケーキどら焼き。手前はパンケーキサイズのビッグどら焼き。

画像
小さいサイズはどら焼きっぽいが、どちらかと言うと“寅焼き(とら焼き)”かな


見た目はイマイチですが、ゆであずきのおかげで味はまーまーで、自分的には「よくできましたかな。

日本ではデザートなんて作ったことなかったので、簡単なものばかりとは言え、まさか自分がサモアで、プリン・パウンドケーキ・ワッフル・どら焼きを作るとは、、、とビックリです
日本にいたら作る時間もないし、そもそも買った方が早くて確実においしいから作らないだろうなぁ。

「なければあるものでなんとかする」、これが協力隊を表わすキーワードですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「とら焼き」よく出来てるね〜
確かに日本だと食べたいものが直ぐに手に入るから、和菓子とか作る気がしない。
買ったほうが安くて美味しいしね〜
でもせっかくなので、日本に戻ったら是非お菓子を披露してね♪
ケーキ美味しそうだったな〜
ゆうこりん@ANA
2011/08/14 02:53
>ゆうこりんさん
久々のコメントありがとうございまーす。
日本のみんなは身近においしいものがたくさんあるので、披露してもマズイ!と一蹴されそうで怖いですが、機会があれば頑張って作ってみせますね。
管理人
2011/08/16 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
どら焼き作りに挑戦 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる