〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS “ブログの人”

<<   作成日時 : 2011/08/19 21:26   >>

トラックバック 0 / コメント 5

少し前のことになりますが、7月下旬に一週間ほどのスケジュールでJICA兵庫を通して海外研修生として、兵庫県の教員の方たちが国際理解教育の一環として海外研修を兼ねてサモアの協力隊活動の視察に来ました。

過密な毎日のスケジュールでは、隊員の活動現場を視察するだけでなく、現職教員として実際にサモアの学校で授業もしてもらい、現地の先生や生徒たちとコミュニケーションを図るというプログラムだったようです。

あいにく僕のいるパラウリ中高等学校には来られなかったのですが、小学校で体育をしたりゴミ問題に関するディスカッションをしたり、図工のような美術のような授業を披露したりして生徒たちにもいい経験になったようです。また、サバイイの村に一泊でホームステイもして、とてもよい時間を過ごされたそうです。

このブログを通して事前に何度かメールでやりとりをしていた方とも懇親会でお会いすることができ、初対面とは思えないぐらい話が盛り上がりました。
メールをやり取りはしていなかった人でも、聞くところによるとほとんどの方が僕のブログを見てくれていたようで嬉しかったです。
そしてまた、定番となりつつある「あ〜、“ブログの人”ですか!」というコメントも言われました(笑)
画像
兵庫県の現職教員の方たちと“ブログの人”(ご本人たちにUPの許可済み)


今は隊員数も増え、ブログなどをやっているボランティアも多いですが(僕の知る限り、僕以外に12人)、サモアの情報を扱うサイトなどたかが知れているし、ある程度定期的に更新されていて一般的なことを紹介するサイトも少ないので、だいたい僕のブログが検索で上位にひっかかるようです。
 ※検索サイトで「サモア」、「サモア ブログ」、「サモア 協力隊」、「協力隊 ブログ」などで検索してみて下さい。

ブログを立ち上げた当初は家族や友人向けの日記として書き始めたこのブログですが、駒ヶ根訓練所での訓練中からは青年海外協力隊に興味がある人に協力隊のことをもっと知ってもらうための情報発信へと意識が変わり、サモアに来てからはもっぱらサモアのことを紹介するブログを常に念頭に意識して書いていました。(まぁときどきこういうどうでもいいことも書いてますが・・・)

なので、僕の知人はもちろんのこと、会ったこともない方からコメントやメールをいただくのが結構楽しみです。
まったく面識がなくても、サモアに来る旅行者の方や、サモア隊員OB、昔サモアにゆかりのあった方、そしてサモアに来る新しい隊員の多くがサモアに来る前に僕のブログを見てくれていることも嬉しい限りです。


先日、日本の友達からいきなり電話がかかってきました。
サモアで日本の友達から電話をなんてもらうことがなかったので何事かと思ったのですが、
「おー、元気か?今××と飲んでるんだけど、お前が元気かな?って話になって電話してみたよ。ブログ見てるぞ。結構面白くて楽しみにしてるから頑張って更新してくれよなー。」
と励まされ(?)、嬉しくなりました。


まー何が言いたいかと言うと、帰国まであと1ヶ月ちょい、帰国準備で忙しい中、頑張ってブログモチベーションを維持して更新していきたいと思っているので、気が向いたらコメントやメールや電話(?)で激励して下さい、ってことです。
コメントがあると、「あー、見てくれてるんだなー」と思って単純に嬉しい気分になるものなのです。

・・・という独り言でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
やった!人気ブログに載ったー!(笑)
先日はサモアでお話聞かせていただいてありがとうございました!
なんか、初対面とは思えなかったです…だって家の前にマンゴーの木が生えていることや、サンダルが波に飲まれたことや、トンガに旅行に行ったことも知っていましたから(笑)
あれからもいつも見ていますよ!

もうすぐ帰国ですね。そんな忙しい中、この写真載せてくださってありがとうございます!
帰国後もぜんぜんサモアネタのせてください!!
写真の真ん中の人:ERICA
2011/08/20 18:14
おひさしぶりです。
6月に日本に帰国した、あの会社で主人と共に働いていたおばちゃんです。
この写真は中華レストランですね。
サモアで間違いない飲食店の一つでしたね。
帰国して2ヶ月、サモアが恋しくなっています。
南十字星。はぼ毎日現れる虹。ボンネットバス。たくさんの人が荷台に乗っているトラック。白い時計台。ちょっぴりいい加減で明るく大きなサモア人々。ラッキーのクリームパン。そしてなんといっても、青い海。青い空。
また自費でサモアに行きたいと私は思っています。
(主人は「サモア人の顔も見たくない」そうです)
9月に帰国されるとのこと、さてサモアにまた行きたいと思われるか?もう二度とごめんだと思われるか?どちらでしょう?
できれば「ぜひまた行きたい!」と思うことができればいいですね。
れいこ
2011/08/22 13:45
>ERICAさん
その節はどうもでした。さっそくのコメントありがとうございます!嬉しいです。
サモアのことを書くのはあとでもできますが、サモアのことを知ったり調べたりするのは今しかできないので、ときどきブログを書きながらも今は現地の取材に奔走(?)する毎日です。
帰国後もなるべく定期的に更新したいと思いますので、興味があったら見て下さいね。

>れいこさん
おー、あのウポル島行きのフェリーでお会いしたのが最後でしたがお元気そうでなによりです。
僕もれいこさんのように、サモアを離れたら間違いなくサモアが恋しく感じる一人です。
少しでも懐かしいサモアを感じられるよう引き続き頑張りますね。
管理人
2011/08/23 15:40
久しぶりですー。もうすぐ帰国やねー。
今、キム兄の訓練所の時のブログを読んでて懐かしくなってました。
あーーあれから2年が経つのかーー。早いなー。
駒ケ根楽しかったなーと思いながらガボンの空と海を見て、みんなに会えるのを楽しみにすごしまーす。あと、33日!!
しかしきむ兄のブログはすごいね。大反響やん!!
saki gabon
2011/08/23 19:39
>saki gabonさん
おひさです!訓練所のブログを見返してくれたようでありがとう。懐かしいよねー。そして早いよねー。
いよいよカウントダウンだね!
管理人
2011/08/23 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
“ブログの人” 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる