〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 断水の毎夜

<<   作成日時 : 2011/06/25 21:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

我が家ではこのところ夜間の断水が続いている。

実に12月頃から断続的に毎晩水が止まっていてすでに6ヶ月が経つが、今や確実に毎晩が断水の状態だ。(→以前の記事にも似たようなことを書いていたが)

はっきり言って原因はよくわからないが、水道局がなんらかの目的で計画的に夜間の配水を止めていると思われる。

推測では、
 雨季(10月頃〜3月頃)は雨が多すぎて水が濁るから。
 乾季(3月頃〜9月頃)は雨が少なくなって水不足だから。

という感じだろうか。

よく雨の降るウチの地域で水不足ということも考えにくいが、そうは言っても最近あちこちの滝の水が干からびて、滝つぼがただの池になっていることを考えると、やはり今は水不足なのかもしれない。


3月頃までは毎晩11時になると水道水が止まって翌朝6時ごろに復旧していた。
4月にサマータイム(Day Light Saving)が終わり、それまでの11時が10時になったので、夜10時に水が止まるようになった。
5月になると夜9時ごろに止まることが多くなった。

そして今、6月。
夜8時〜8時半には水が止まる・・・。


もちろん断水することが予め分かっているので、バケツやペットボトルに始まり、鍋やらコップやらにも水を溜めて備えているものの、だんだん時間が早まっていっているので、生活に色々と支障をきたす。

夕食を作って食べて、洗い物をして、水シャワーを浴びて・・・という一連の仕事を、これまではのんびりとマイペースでやっていたが、今は断水することを考慮して8時までに急いで終わらせないといけない。まさに時間との勝負だ。

トイレも流せる回数は2回が限度なので、いくつかボトルや小さいタンクを常に常備しているが、夜中や朝方にトイレに行く時は、もはや水がもったいないので、思い切って外へ出て行って、その辺に“放出”することもしばしば。(笑)
周りに人が誰も住んでいないと、こういうときに便利だ。


ちなみに朝になると水道が復旧すると書いたが、復旧にも非常に時間がかかるので、朝の準備も手間取って大変だ。
排水が停止すると水道パイプに空気が入るせいか、蛇口をひねってもしばらくの間は空気か霧しか出てこない。そんなわけで、しばらく蛇口を開けっ放しにして水が出てくるまで辛抱強く待つ。

先日は水が出てくるまでに20分間も霧を噴射し続け、危うく学校に遅刻しそうになった。

そんな毎日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
断水の毎夜 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる