〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS サモアのヒデさん、ありがとう。

<<   作成日時 : 2011/04/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

3/31、ついに秀(ヒデ)さんが長年暮らしたサモアを去り、オーストラリアへ旅立った

“サモアのヒデさん”として知られる秀さん、39年間にわたってサモアに在住した日本人女性で、今までにサモアを訪れたりサモアに住んだ日本人で知らない人はいないのではないかというぐらい大変な有名な人だ。

サモアに協力隊が派遣されるよりも早く1972年にサモアに嫁いできて、今からは想像もできないぐらいの超原始的なサモア人の暮らしの中に溶け込んできたのだそうだ。一説によると、サモア人と結婚した最初の日本人だったという話もあるぐらいだ。
今でこそサモアもだいぶ便利で豊かな生活になっているが、40年近いサモアの生活は相当厳しい環境だったのだろうということは容易に想像できるので、その経験と苦労は計り知れない。
近年では『地球の歩き方』にも写真付きで1ページを割いて紹介されているパシフィックインターナショナル社という日系の旅行代理店でトップとして活躍されていたのだが、息子さん一家が住むオーストラリアへの転居がついに決まり、3/31にサモアを旅立った。
画像
秀さんからお誘いを受け、旅立つ数日前に俳句メンバーで朝食をご馳走になった。楽しいひと時だった

実は僕と秀さんとの出会いは、不思議なことにサモアに協力隊員として派遣される前からの縁があった。
協力隊に合格した直後にサモアOB会の方とお会いする機会があり、何度か参加させていただいた集まりの場にたまたまタイミング良く一時帰国されていた秀さんも出席していて、サモアに来る前に2度も会うことができたのだ。初めてお会いした時は、ガイドブックなどで知っていたのでちょっとした芸能人に会ったような気持ちだった(笑)。

そんな背景もあり、サモアに来てからもずいぶんとお世話になったし個人的にもよくしていただいたので、僕からするとサモアのお母さんという感じだった。
僕は地方隊員だから会える機会も少なかったが、以前に紹介した俳句の会(→コチラ)では秀さんにお会いして色々話すのも楽しみの一つだった。任国外旅行の航空券の手配でお世話になったこともあったし、何度か一緒に食事をしながら活動の話や近況を伝えあったりした。サモアの文化・伝統や昔の暮らしの話など、色々聞かせてもらったこともあった。
サモアに来た時はまさか僕よりも早くサモアを去ってしまうとは思っていもいなかったので、残りの半年は少し寂しいが、逆に秀さんがサモアを旅立つ時に見送ることができたのは光栄だったのかもしれない。

さすがに40年という長い歴史だけあって、荷物や思い出の品の整理はとても大変だったそうだ。廃棄のためにトラックで不要なものを引き取りに来てもらったり、オーストラリアへ送った荷物は合計で300kg)にも及んだというからビックリ!
画像
秀さんの送別会では、俳句メンバーを中心にJICA関係者や在留邦人の方々がこんなにも大勢集まった

ちなみに協力隊がサモアに最初に派遣されたのは1972年のことでまもなく40周年を迎えるが、秀さんはこれまでの500人近い隊員のことはほぼ全員知っているのだろうと思うと本当にすごいサモア協力隊員にとってはまさにサモアの母だ。
40年近くサモアに住み、現地の暮らしに馴染んでサモア人と交流を深め、長年にわたって働いてきたヒデさんのサモアに対する貢献は、同じく40年近くサモアで活動してきた僕ら協力隊の貢献を超えるぐらいの多大なるものだったと思う。

秀さん、しばらく会えなくなりますが、また日本かオーストラリアで再会しましょう
お世話になりました〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 地球の歩き方を読んで「サモアに行ったら会えるんだ!」と思っていただけに残念です。
 またサモアに来られることがあったらぜひ会いたいです。
はなこ
2011/04/02 19:55
>はなこさん
いやー、3ヶ月差のすれ違いで会えないとは残念でしたねぇ。
秀さんがサモアを去られことは、今までのサモア協力隊OB/OGの方々もきっとビックリして残念に思っていることだと思います。いつ遊びに来ても秀さんに会えると思っていたでしょうし。
でも、きっとまたサモアに遊びに来ることがあると思いますよ。そのときをお楽しみに!
管理人
2011/04/02 21:12
私たちも大変お世話になりました。
昨年、私は夫を亡くし一緒に秀さんの思い出を
話し合えないことを淋しく思います。
どうぞお元気で!
harumi
2011/04/03 09:41
>harumiさん
隊員OGの方でしょうか?我々同様やはり色々お世話になったのですね。旦那様の件は残念ですが、秀さんはきっといつまでも覚えてくれていると思いますよ。
管理人
2011/04/04 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
サモアのヒデさん、ありがとう。 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる