〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 虚しいクリスマス、平和なクリスマス

<<   作成日時 : 2010/12/26 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

※ずいぶんとブログ更新をさぼってしまったー!

サモアで迎える2回目のクリスマス
季節感の全くないクリスマス
そんなクリスマスは昨年に続き、自宅でおとなーしく過ごす寂しい日になった。


サモアでのクリスマスは一年で最も賑わうイベント
クリスマス一週間前になると、色々なところで“うわつきモード”となり、省庁や企業ですら仕事もロクに進まなくなる。交通機関もクリスマスが近づくに伴い、スケジュールがいつも以上に読めなくなるのだ
きっと首都の方では、クリスマスを目前に盛大な買物の準備やそれに必要な銀行での行列など、慌ただしいものだったのだろう。
出稼ぎで海外へ出ている家族も、クリスマスシーズンにはサモアへ集結し推測ではあるがサモアの人口はおそらく1.5倍ほどになる
(サモアは人口約18万人だが、ほぼ同数のサモア人が仕送りのためにニュージーランドなどへ出稼ぎへ出ている)


昨年の僕は、ゴタゴタで長引いていた住居の問題がようやく解決し、冷蔵庫も何もない状態の家に24日から二晩だけ過ごすために、首都から上がってきた覚えがある。
その際、24日のサバイイ島行きのフェリーはすさまじいもので、乗船前の港は間違いなく後にも先にもサモアで経験することのないほどの人口密度だった。
チケットを買うときの混乱は、まるで小さなライブハウスで行なうロックイベントのようだった。
サモアではクリスマス時期の移動はご法度である。。。(皆、故郷のあるサバイイの村へ里帰りをするため)


それに比べ、今年は本当に何もしないのーんびりと過ごす平和な日だった
下手すると、目にするのは豚と鶏と道行く車ぐらいで、人と会話をしない日もあったかもしれない

先週末から4日連続で遊び続けた挙げ句(詳細は後日アップ予定)、遊びの疲れから来たと思われる熱と体のだるさで2日ほどダウン・・・まぁダウンというと大げさだが、飯もろくに食わず・・・というか作る気にもなれず、とにかく家で昼寝をするかパソコンに向かうか庭ぐらいにしか出ないという引きこもりぶり。そんなダラダラモードの22日と23日。(夜から朝にかけて両日とも断水)

24日は元気回復したが、少し自転車で出かけただけで特にこれと言って何もせず。
教会には昨年顔を出して退屈だったし、別にクリスチャンでもないのでそんなに熱心にまた行く気にもなれない。(夜から再び断水。しかもかなり長時間)

25日は当初予定していたピースコーとのクリスマスパーティがドタキャンされ、仕方ないからJICAメンバーでこじんまりと集まって飯でも食おうかという話になっていたが、前夜の断水でシャワーを浴びておらず、しかも食器も洗っていなかったので、断水解除を待っていたら結局船の時間に間に合わなくなり、首都行きをあえなく断念
あぁ、なんて虚しい・・・

仕方ないので、読書と昼寝でのんびりと過ごした。ま、いっか


4日間遊び倒して、4日間“だらけ”尽くした。

こんなだらけた4日間だったが、不思議なことに「無駄な1日だった〜」とかの後悔の念はない。
首都にいたり、日本で生活していた時は、貴重な休日に昼過ぎまで寝て、午後は家事をして気づいたら夜ということがあると、やりきれないぐらいの後悔の念ともったいなさ感があったが、これだけのんびりな暮らしをしていると、むしろ贅沢だなぁと感じるぐらいだ。

サンタさん、贅沢でのんびりした日々をありがとう


でも来週から再び激しい“遊び倒しウィーク”に突入し忙しくなる
また遊び疲れて熱が出ないようにしないとな。そしてブログもちゃんと更新しないとな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虚しいクリスマス、平和なクリスマス 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる