〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ブロ〜ドバンド!?

<<   作成日時 : 2010/11/05 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今、僕の自宅には電話回線が引いてあり、ダイヤルアップという化石的な接続方法ではあるものの、インターネットが利用できます
例え33.6kbpsの超スローな接続速度だとしても、僕にとってみれば、友人や家族やJICA関係者との連絡、色々な情報収集、そしてこのブログアップのためにインターネットは必須です

しかし、ほぼ毎日利用している都合上、インターネット接続に当たっての電話料金+プロバイダ料金がハンパありません(利用時間に応じた従量課金制度)
日本円にして月平均で約6000円弱。日本にいたときのネット代より高いです
毎月の現地生活費手当が3万円チョイ(US$420)しかない中で、ネット代の占める割合がかなり大きく、毎月ヒーヒー言ってます・・・


先日、久々に行った港町のネットカフェの人と「うち、ネットはできるんだけどダイヤルアップですげー遅いんだよね〜・・・という話をしていたら、「ブロードバンド引けばいいじゃない。あそこなら大丈夫なはずよ?」とのビックリ回答

さっそく次の上京時に電話会社に行って聞いて調べてみたら、、、

ブロードバンド利用可能とのこと

やったー!こりゃーすぐにでも契約を検討しないと!
それにしてもまさかサバイイ島の自宅でブロードバンドが使えるとは・・・期待してなかっただけにオドロキました。

まー、ブロードバンドと言ってもADSLなのでMaxでも512kbpsなんだそうですが、、、ダイヤルアップに比べれば間違いなくブロードバンドなワケです
ちなみに料金体系は日本のように定額制ではなく、データ送受信容量(アップロード+ダウンロード)に応じた段階的課金のため、契約に当たっても事前に色々と試算が必要なのですが、ブロードバンドにするとまた毎月の費用が上がりそうだなぁ・・・。

うーん、、、これはもはや必要経費か!?


<今日の一枚>
ここ数ヶ月間、ちょっーとずつ進めてた近隣での電線リニューアル工事。電柱から落ちないように気を付けてよ〜
この工事のせいで平日の昼間はしばしば停電がありました。。。我が家の冷凍庫がどんどん結露するー
画像

あれ?ひょっとしてこれって日本のODAプロジェクトの有償資金援助と関係あるのかな・・・?(⇒コチラ参照)
■電力セクター拡張計画
<事業概要>
本円借款は、サモアにおける電力の安定供給を図り、民間セクター開発及び経済成長に寄与することを目的として、アジア開発銀行(ADB)と協調して融資を行い、発電所の建設及び改修、送配電網の整備及び改修を行うものである。
<裨益効果>
サモアでは、電力需要が年々増加する一方で既存設備の経年劣化や送配電網のシステムロスなどによる供給不足が課題となっており、本円借款によって、サモアの電力供給能力が向上し、同国の持続的な経済成長が促されることが期待される。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブロ〜ドバンド!? 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる