〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS カバン紛失事件

<<   作成日時 : 2010/07/13 19:15   >>

トラックバック 0 / コメント 7

カバンを紛失した。

バックパックの外側についている着脱可能な小さなポケットカバンだ。
中には貴重品などは入っていなかったとはいえ、日々愛用していた日用品を入れたポーチ、人からもらったもの、ドミから借りていた本などがあったので、ちょっと困った。
画像


このバックパック、実は相当長いこと使っている。

確か入社1年目のインド旅行の時に買ったので、かれこれ8年半以上は使っていることになる。しかもこの8年半は旅行三昧だったので結構酷使していた上に、サモアに来てからも毎週のように上京する際、大量の洗濯物とパソコンと書類を詰め込んで行き来していたからもうボロボロだ。
特にここ数ヶ月でアチコチに穴という穴がビリビリと開きまくり、そろそろ使い物にならなそうな状況。
そんなカバンの一部だったミニカバンが紛失した。


昨日、首都アピアから帰る際、このカバンを外してバスに乗っていた。他にも首都で調達した大量の食材を手荷物として持っていたため、バスを降りるときにうっかり床に置き忘れたまま降りてしまったのだ。

バスを降り、自宅に帰ってしばらくして気づいたが時すでに遅し。。。

でも不思議とショックは少なく、なんとなーく根拠もなく手元に戻ってくる気がした。
だってここはサモアだから。


そして、今日学校へ行った。
バスドライバーの旦那を持つ同僚に、それとなく聞いてみた。

----
僕 「昨日、旦那さん運転してなかったよね。実はカバンをバスの中に忘れちゃって・・・」
同僚「あら!ホント?昨日の運転手は××さんのはずよ。髪の毛の短い人でしょ?電話を貸して。電話してみるわ」
  〜(すぐに覚えてる電話番号にかけ、1分ほど話し、電話を切る)〜
同僚「大丈夫。今ちょうど学校の近くを通っているみたいだから、生徒か誰かに渡すって。」
僕 「マジ!?それはよかった!なんとタイムリー!ラッキー〜」
----

ふと見るとまさに昨日乗ったバスが学校の前に停車しているではないか!

・・・ということで、相談した5分後には運よく手元に戻ってきてくれた。

さすがサモア!

だいたいの人が知り合い。他人でもだいたいの行動がわかってるようだ。
そして、何一つ中身がなくなることなくちゃんと戻ってきたのも嬉しい限り。

日本だったらどうだろうか?

とにかく、なんとなーく手元に戻ってくる予感はズバリ的中した。よかったよかった。


※今日の一枚。
 同僚(右)とその旦那のドライバー(左)。通勤時は指定席となり、どっかりと構え、子供を抱いている。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
サモア在住日本人(日本人会会員)です。
今、日本に一時帰国中です。
ラグビーの日本vsサモアの試合も見に行きました。青年海外協力隊、案外若い方が多いのに驚きました。
このブログ、日本に残している高校生の子供たちに、サモア近況を教えようと思ってパソコンをいじっていて見つけました。
22日にサモアに帰ります。また日本人会の行事でお会いしましょう。
れいこ
2010/07/13 23:43
ウーン、素晴らしい。
ヒロ
2010/07/14 07:17
スリランカでは絶対にでてこないな。
HITORI
2010/07/14 10:44
>れいこさん
コメントありがとうございます。また、お子様もご覧になっていただくということで嬉しい限りです。
日本人会で会いしたことありましたかねぇ?(もしかしてラグビーの試合ですぐ隣に座っていたかもしれません!?)またお会いできることを楽しみにしています。

>ヒロさん、HITORIさん
出てくる国の方が少ないかもしれませんね。狭い国なので幸いでした。
管理人
2010/07/14 18:05
申し遅れました。
私は4月からサモアに住んでいます。(だんなさんは2年前から)ということで、日本人会の名簿にも名前は載っていません。
だんなさんはY会社に勤務しています。
バイロアに住んでいますが、まだインターネットが出来る環境がないので、残念ながらこのブログも日本に居る間しか見ることが出来ません
またアピアの街でもお会いしますかね?
よろしくお願いします
れいこ
2010/07/15 01:15
え―――戻ってくるだなんて!
サモアすごい!なんか面白い国だなあ・・・

そして、ご夫婦、大きいですね・・・
もな
2010/07/20 10:34
>れいこさん
なるほどなるほど。アピアの町中か日本人会でお会いできそうですね。早くネットができる環境が整いますよう・・・。

>もなさん
そうそう、私もやっぱり♪と思いつつもサモアのよさを実感した一瞬でした。
サモアの夫婦は多くがこんな感じの“デカイ男女”です・・・。
管理人
2010/07/20 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
カバン紛失事件 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる