〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 授業ができない日々

<<   作成日時 : 2010/05/05 20:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「そういえば日本は今頃ゴールデンウィークなんだ〜」とある時ふと気づいた。
でもそんなのかんけーねー!
今はサモアにいる。GWなんてどこ吹く風、だ。

もし青年海外協力隊に行ってなければ、きっと今頃は大金をはたいて恒例の海外旅行に行っていたころだろう。
逆に協力隊参加が決まってからは、サモアに来るまで一度も海外に出なかった。どこかで日本国内を旅しておこうと思っていたのかもしれない。

そんな一年前の今日は、沖縄の石垣島&与那国島へ旅していたなぁ。。。3年日記で一年前の日を振り返り、色々と懐かしく思う。

---

さて、今日も学校の話題を少し。

今週月曜に学校に行くと、「今週と来週はEnglish Dayに向けた準備のため、30分授業にします。」との連絡。おいおいー、ただでさえ授業が頻繁にカットされるのにまた30分かよー・・・。

いつも通り開始が遅れたホームルームの影響を受け、20分遅れで始めた1時間目の授業は、生徒たちの出席を取り終えた瞬間に2時間目開始の鐘が鳴りました・・・。虚しい。。。

そして、6時限の授業も早々に11時15分には終わり、昼食。
12時頃から始まった歌や寸劇や踊りの練習は妙に熱心で、結局帰れたのはいつもより遅く15時半。。。
授業より出し物の練習の方がなげーじゃねーか!と突っ込みたくなりました。
しかし、生徒の練習時間は僕には実に退屈で、眠気との勝負でした・・・。まだ授業やってる方が楽です。

English Dayでは全校生徒を4グループに分けて競争するらしいのですが、僕のグループを担当する先生は妙に熱心に生徒に指導していました。
熱心はいいんだけど、、、棒で容赦なく叩くのはダメですよー。罰金10タラですよー。(罰金ルールを決めただけでまったく守られてない・・・)

こんな風に棒を持って歩き回ります。そして何かあればビシバシ叩きまくります。ヒドイときは5mぐらい離れてても棒や石を投げつける時もあるぐらい。。。こわっ。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
赴任中は、お花見や雪景色とは縁がなくなるんですね。 私がこのGWに行った下北半島の大間には「マグロのぼり」がはためいている家がありました・・・。
hahha
2010/05/06 12:40
>hahhaさん
そうなんですよー。桜の花見や雪景色などまったく縁がありません。一年前に「これは2年間見られない」と思って一度は見納めしたつもりでしたが、やはり日本人としては桜も雪も恋しくなります・・・。
こちらは年中夏なので、やはり四季があるのはいいなぁとつくづく思います。
管理人
2010/05/06 17:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
授業ができない日々 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる