〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 海を隔てた交換日記(2周目)

<<   作成日時 : 2010/05/22 19:08   >>

トラックバック 0 / コメント 6

以前に紹介しましたが(→コチラ参照)、駒ヶ根訓練所の語学クラスのメンバー6人で「海を隔てた交換日記」と題してノートのやり取りをしています。

ちなみに6人の赴任先は、
 サモア(理数科教師)
 バヌアツ(小学校教諭)
 パラオ(臨床検査技師)
 インド(日本語教師)
 スリランカ(理数科教師)
 ブータン(統計解析・SV)

の6カ国。ちょうど大洋州3カ国+アジア3カ国とバランスよく分かれています。

言いだしっぺの僕から始めて時計回りで最寄りの国に回していったのですが、郵便事情や各隊員の忙しさなどもあって、意外と一周するのには大変時間がかかります。。。
特にアジア←→大洋州間では1か月〜1カ月半もかかっていてビックリ!ここサモアからアフリカ大陸へ郵便物を送っても3週間で届くのに、一体どこをどうやって経由したらそんなにかかるのだろう?と疑いたくなります。アメリカでも経由してるのか?と思いました。(どうせなら一度日本経由にした方が早そう)

そんな一週目の交換日記ですが、11月末に初めて送ったものが先日ようやく6か月かけて無事戻ってきました!皆とはときどきメールでもやり取りをしているのですが、やはり手書きでこそ伝わることや直筆で書く温かさのようなものがあり、内容も各国の不思議なことやビックリカルチャーなどがたくさん詰まっていて非常に読むのが楽しかったです。

すぐに2周目をスタートしましたが、また半年後ぐらいに手元に帰って来るのが今から楽しみです。皆どんなことを書いてくるのかなー??
僕が勝手に目論んでいる目標は、なんとか2年間で4周させて、帰国後も国内で継続したいなぁ〜と思っています。


 ※実は1冊だと時間がかかり過ぎるから、ランダムにもう1冊回してたりします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜☆なんかすごいね!!
海を超えて交換日記♪
メールもいいけど、やっぱ手書きのものってもっといいよね☆
アフリカ−サモアの郵便事情はいいの???
sakix
2010/05/22 20:45
>sakixさん
今まで何人かと手紙をやりとりした感じでは、アフリカ←→サモア(大洋州)は約3週間ぐらいかかっているみたいです。ちなみに日本だと順調に行って7〜10日。ただし、小包などだともう少しかかるみたい。
アフリカ←→日本はどうなのかな??
管理人
2010/05/23 20:16
「自家製往復はがき」みたいなので画家(イラスト)と詩人(散文)の方が、つれづれにやり取りしている・・・というコラムを読んだばかりですが、『手間』って大事なんですよね。
hahha
2010/05/24 12:31
>hahhaさん
手間、大事だと思います。手間をかけること自体は大変ですが、やはり手間をかけると自分も愛着がわきますし、手間をかけてまで書いてくれたものは、読むほうもとても親近感が沸きますね。
管理人
2010/05/24 21:17
PC隊員もやってるんだけど、
まだ、南米に着かない・・・
日本→フィリピン→ランカ→バングラ→
までは確認してるんだけど。笑

楽しみ楽しみ。
まわるの早くていいなあー!
はるか
2010/05/25 12:35
>はるかさん
おー!PC隊員もやってるんだね。それは駒ヶ根と二本松の壁を超えた感じでいいね〜。でもその分、色々と大陸を転々とするから時間がかかって大変そうだね(笑)
管理人
2010/05/25 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
海を隔てた交換日記(2周目) 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる