〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の通勤路(自転車通勤)

<<   作成日時 : 2010/04/07 19:43   >>

トラックバック 0 / コメント 7

 雨季も後半に入り、一日中雨が降ることも少なくなってきたので、2月中旬から天気の良い日は学校まで自転車で通勤しています。いわゆる“チャリ通”です。(朝から雨の日はバスに切り替える)
 最近ではすっかり定着してきましたが、やはり真夏の日差しを受けて自転車をこぐのは結構シンドイです。。。


【チャリ通の良いところ】
 ・健康的
  運動不足の僕にはもってこい!往復で一日約45分ですが、これが唯一の運動と言っても過言ではありません。f(^^;)
 ・時間の効率
  バス通勤だといつバスが来るかなかなか読めず、無駄な待ち時間が多くてイライラします。まぁ帰りなら待てばよいの話ですが、朝うかつに一本乗り過ごすと遅刻してしまいます。その点、自転車なら自分のペースで時間が読めるのでGood。これはかなりデカイです。
 ・お金の節約
  往復たかだか1タラ(約35円)ですが、建前上、バス代を節約できます。実際には暑い中のチャリ通で疲れてジュースを飲んでしまい、マイナスなのですが・・・。
 ・村人とのコミュニケーション
  道を走っているとかわいい子供たちが必ずあちこちから「バイバーイ」と声をかけてくれます。(^^)

【チャリ通の悪いところ】
 ・疲労感
  容赦ない直射日光を浴びながらの通勤は疲れます。行きも帰りも汗だく。しかも帰りは坂道があって結構大変。家に帰ったら1時間近くは汗が引きません。
 ・天候に左右される
  朝晴れてても、帰りに雨に降られることも。その時はカバンだけ大きなゴミ袋に濡れて帰ります。。。
 ・挨拶過多!?
  村の子供たちにいっぱい挨拶されすぎて、いちいち返事するのが大変。見えなくなるまで何度も何度も「バイバーイ、バイバーイ!」と声をかけてくるので、必死で自転車をこいでるこちらは大変です。



ということで、長くなりますが、学校までの通勤路をたっぷり写真付きでご紹介しまーす。

--

家を出ると眩しい朝日!
この真夏の強い朝日を20分弱の背中に受けて通勤します。
画像

家の側道より。(すぐ左手が家)
目の前の道がサバイイ島を一周するメインロードで、ここを西(右)にひたすら進みます。
画像

週に一度ぐらい村の若い男性たちが70〜80cmはあろうと思われる鋭いブッシュナイフを持って村の雑草刈りをします。この日はその人たちに出会いました。
画像

いきなり最初の坂道。下り坂を駆け降りるのは風を受けて気持ちがいい!
行きは下りが3つ+緩い上りが1つあるので比較的スムーズ。逆に帰りは・・・(凹)
画像

ひたすらまっすぐ進みまーす。両脇のヤシの木がいい感じに南国を感じさせます。
画像

隣村に入りました。バス待ちの生徒や小学生と会えば挨拶を交わします。
画像

Faleoloa(ファレオロア)と呼ばれる村の売店。キオスクのような感じです。
この店は大きい方でそれなりに生活用品や食料が揃いますが、野菜や肉などはほとんど売ってません。でも最近は港町のスーパーに行くのも面倒なので、ほとんどこのファレオロアで買い物を済ませています。
画像

3つ目の坂道付近。サモアらしいオープンファレ(村の集会などが行われる壁のない家屋)があちこちに目に留まります。
画像

坂道を下り、ひたすらまっすぐ。そろそろが・・・。
画像

坂を下ると、左手に海!
Palauli地区の海は非常に遠浅で2kmぐらい先まで穏やかなので、日々、潮の満ち引きの様子がよくわかります。
画像

民家。
道沿いの庭はどこも雑草などがにきちんと整備されていて気持ちがよいです。
画像

右を向くと教会があったりします。だいたい一つの村に2〜3個は教会があります。
画像

毎朝、正面と右手に見える山の稜線は素晴らしいです!どれも1000m超級です。
画像

一応、警察もありますが、普段何をしてるかわかりません。(そもそも平和なので必要なさそう)
画像

そして学校のあるVailoa-Palauliへ。どこの村の境目にもこんな感じのわかりやすくかわいらしい看板があります。
画像

民家の。あちこちで首に紐をつなげられて飼われてます。犬じゃないんだから・・・。
画像

おっと危ない!
豚が目の前を横断しました。よく子連れでチョロチョロしてます。向こうにはバスが見えます。
画像

そして汗まみれで学校に到着!ここを左手に入ると学校です。メインロード沿いにはバス待合所があります。
画像



ということで以上、行きは20分弱、帰りはのんびり30分弱の通勤の旅でした〜。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
自転車気持ちよさそう。
まいにちさわやかな気分になれそう。
私は中・高・大と自転車通学してたので、
つらさもわかりますが、なつかしいです。
ETSU
2010/04/08 00:45
私がいま住んでる国でもチャリを考えました。が、チャリやら車に突進していく犬を見てやめました。なので、羨ましい限りです。1000m級も山もなく、海抜6mが最も高いこの国では自転車が向いてそうなんですが・・・。
shiggen
2010/04/08 09:34
私はチャリ通歴6年目(片道20分)。  木枯らしよりも炎天下のほうが辛い・・・
hahha
2010/04/08 12:34
いや〜自転車乗ってわざわざ写真取るのもあれなんだがまたあのダイヤルアップでよくこんなに写真載せれたね・・・いろいろと頑張ってるなーと思ったら、最後、爆(笑)
チロ
2010/04/08 13:07
>ETSUさん
 自転車、暑くなければ非常に快適です。唯一の運動もなかなかGoodです。ただ、、、暑いんです。

>shiggenさん
 幸い、僕の住んでいる村は非常に平和で、犬がほとんどいません。いても非常に弱い。(笑)ただ、首都に行くとかなり凶暴な犬が多く、我が身を捨てるかの勢いで自転車や自動車に突進してくる犬が多いのは事実です。マーシャルならチャリも快適そうなのに・・・。

>hahhaさん
 炎天下はかなりツライですねー。僕は帰りが一番暑い2時過ぎなので、キッツイです・・・。

>チロさん
 圧縮してるとは言え、ダイヤルアップで18枚の写真をアップするのは大変でしたよ*ただ、通勤中に自転車に乗りながら写真を撮るのはそんなに大変じゃありませんでした(笑)
管理人
2010/04/08 19:05
自転車は、現地で買うんですか?持っていくのでしょうか?
けん
2010/04/10 12:42
>けんさん
 おっ、コメントありがとうございます。どちらのけんさんでしょうか?(失礼ですが、初めましてですかね?)
 自転車は各国のJICA事務所が何台か保有しており、申請することで必要に応じて貸与してくれます。
 なので、自腹で支払うことなどは原則としてありません。
管理人
2010/04/10 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の通勤路(自転車通勤) 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる