〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨季の虹

<<   作成日時 : 2010/02/25 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今サモアは雨季の真っただ中。気分もウキウキです(嘘)。

一応11月〜3月ぐらいが雨季と言われていて、1月・2月あたりはよく雨が降ります。(とは言え、ここ数年は気候変動の影響か、乾季でもよく雨が降ったり雨季でも全然雨が降らなくなったりしているようですが・・・)

サイクロンもこの時期に集中して発生し、数年に一度大きな被害を及ぼします。
1990年、1991年にサバイイ島北西部を直撃した巨大サイクロンは村を丸ごと飲み込み、完全に廃墟となってしまったようです。
ちょうど2週間ほど前にも、サイクロン“Rene”がサモア近郊を通過してニウエ・トンガ方面へ抜けて行きましたが、その際にも省庁や学校・病院なども半日で終わるほどのちょっとした騒ぎで、JICAからも緊急連絡網で自宅待機を促されるほどでした。(幸い期待はずれなほど大したことありませんでしたが)

ただ、サモアの雨季は、日本の梅雨のように一日中雨が降るわけではなく、一時的にザーっと降ったと思ったら急にケロっと止んだり、朝は雨でも午後からからと晴れたり、一日もったかなーと思っても夜に激しく降ったりするという具合。
どしゃ降りの夜に雨音を聞きながら、家で水シャワーを浴びて目を閉じてシャンプーしてると、なんだか直接雨に打たれているような錯覚さえ起こします。「俺、今外にいるのか?」的な。。。


そんな雨季のある一日の光景。
画像

お天気雨もしょっちゅうなのですが、そんなときはよくきれいなが見えます。
この日はとても大きいきれいな半円の虹が青空に輝いていました。写真だと少しわかりづらいですが見えますか??(このあとさらにはっきりと近くに見えて感動しました!)

ここまで美しい虹色のアーチを見ると、本当に一瞬頭が無になって心が洗われるような気がします。


ちなみに、突然の大雨となったある日、普段は少し離れたメインロード沿いを走っているバスが、終業時間に学校の敷地内まで乗り込んできて大量の生徒たちを乗っけていました。
画像

こちらもなんだか平和な光景でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨季の虹 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる