〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 隊員総会とサモア隊員紹介

<<   作成日時 : 2009/12/27 06:43   >>

トラックバック 0 / コメント 3

※本日(サモアの12/26)から年明けまでサバイイ島一周旅行ですが、その前に一件記事更新ができたのでアップしときます。次は「明けましておめでとうございます」かな。

---

 12月中旬に“隊員総会”があった。
 “隊員総会”とは、現在サモアにいる青年海外協力隊(JOCV)が一堂に会して、隊員としての行動規範やルールを記した規約について話し合って見直したり、隊員連絡所(ドミトリー)の利用方法について議論したり、各隊員で担う役割を割り振る各種委員会を決めたりする会議で、年に一度の頻度で開催されている。
 時期や頻度は違えど、どうやらこの“隊員総会”はサモアだけでなく、世界各国にあるJICAでもそれぞれ開催されているらしい。(ちなみにシニアボランティアは別にSV連絡会というものが定期的に開催されている)
 JOCVの任期は2年で3か月ごとにメンバーが変わっていくので、情報共有やルールの見直しを考えても、個人的には少なくとも半年に一度は会議をした方が良いのではと思っている。他の国では首都に上がるだけでも交通上の理由から数日かかる国もあるというのでなかなか難しいが、小国サモアなら離島と言えどもせいぜい片道4〜5時間なので比較的集まりやすいのだ。

 前日に年に一度の健康診断を行ない、ドミを大掃除して隅々までピカピカにして行われた総会は、約2時間半ほどで終了した。総会の詳細については特に触れないが、各自が色々と改善提案を行ったり、疑問点を確認したり、ルールを見直したり、終始黙っていたり、不平不満を言ったり(?)と、なかなか面白かった。
 ちょっと話が逸れるが、健康診断で検便をした。検便なんて最後にいつしたか記憶にないが(たぶん20年ぐらい前)、一人で便を取る時の姿は実にぶざまだと我ながら思った。 他には、簡単な問診、大雑把な身長・体重・視力・血圧測定、血液検査、検尿、レントゲン撮影のみ。一応は途上国にいるのにこれだけで本当にいいのだろうかと頭をよぎったが、所詮健康診断なんてこんなものかもしれない。

 話を総会に戻すと、先日他国での総会事情をたまたま小耳に挟んだ。
「首都の隊員と地方の隊員(or 離島の隊員)の間では、生活環境の違いが大きく、互いにあまり仲良くなかったり、なかなか話がスムーズにいかない」
という話を聞き、なかなか興味深かった。どこの国でも多かれ少なかれそういうことはあるんだなぁと感じた。

---

 2009年12月現在、サモアのJOCVは10名いる。いや、たった10名しかいないと言った方がよい(SVは12名でJOCVよりも多い)。我がH21-2次隊は同期が3名だが、以前は1隊次あたり10名以上来ていた時期もあったことを考えると、サモアのJICA事業が縮小しつつあるのかと思っていたが、2010年にはまた少しずつ採用を増やしていくらしい。
 多すぎも収集がつかなくてよくないが、少なすぎも少々寂しいものがある。様々な職種の人がいた方が専門性や話題も色々で単純に面白そうだ。


 せっかくなのでちょっと調べてみたところ、世界78カ国に派遣されているボランティアのうち、JOCVが10名以下の国は11カ国しかなかった。一カ国で50名以上のJOCVを抱えている国も多数ある中で、これはかなり少ない方。(ちなみに最多はウガンダの111名!)
 さらに、JOCVよりもSVの方が多い国はたったの5カ国しかなかった(中にはSVしか派遣していないような国もある)。ここサモアではもはやSVの方が目立っているような気もする。(個性的なキャラクターのせいかもしれないが・・・)
 ※いずれも2009年9月末時点でのデータ。


 ちなみに、現在のサモアJOCV隊員の職種は下記。
 ※SVについてはそれぞれが専門性に富んでいて実質一人一職種なので割愛する。
 ・理数科教師(3名)
 ・小学校教諭(2名)
 ・環境教育(2名)
 ・自動車整備
 ・柔道(女性。僕よりたくましい)
 ・歯科技工士(ひたすら入れ歯や金歯を作ってる。現在世界で一人しかいないJOCVの職種だとか)


 こうやって見ると教育系が多い。SVの職種も含め、以前はインフラ整備などの職種が多かったそうだが、時代の変化とともに少しずつサモア政府の日本に対する援助要請が変わっているようだ。(インフラ系は中国の援助にシフトしているのかも)
 なお、3月に上記のうちなんと半分の5名も帰国し、6月にも2名が帰国してしまうので一気に寂しくなるが、新たに1月初旬に美術隊員が1名、2月には短期が2名(農業機械・きのこ栽培)、3月には3名、6月にも3名来る予定だそうだ。期間が短いながらもこれまで活動してきた仲間たちが帰国してしまうのは寂しいが、同時に、新たな隊員を迎え入れるのは楽しみでもある。


---

・・・ということで、今年の更新は終了。

2009年は本当に色々なことがあり、僕にとって実り多い変化に富んだ一年でした。
協力隊応募、合格、技術補完研修、勤め先の休職、駒ヶ根での訓練、人との出会い・別れ、サモア派遣、地震&津波、サモアでの新たな生活・・・。
このブログを読んでいただいている皆さんにも何かとお世話になり感謝しています。またこんなブログでも毎月1万ページビューの閲覧があり、色々な方に継続的に読んでいただき、ありがたい限りです。
2010年も本来の活動を進めながら、このブログを通してサモアや協力隊活動の紹介をしていければと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

では、日本各地および世界各国でそれぞれ良いお年をお迎え下さいませー。 (^^)/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
隊員総会お疲れさんですー♪
ボリビアは半年に一回だそうです。来年の4月にボリ組大集合〜★

首都隊員VS田舎隊員。確かにあるかも…。でも、首都は首都で大変だし(求められる技術レベルが高くなるし)田舎は田舎で大変で、個人的には、どちらが偉いとか、より大変ってない気がするんだけどなー、どっちも大変なのになーって思います。

それはそうと、旅行!
楽しんで気をつけていってきてくださーい。
良いお年を・・・
モナ
2009/12/27 08:23
隊員数がこれほど少なくなっているとは知りませんでした。かつての三分の一以下です。少し寂しい気がしますが、その分、仲良くやってください。SVにシフトしているのかもしれません。
ヒロ
2009/12/27 10:03
サモアもっとJOCV居るかと思ってました。
そんなに少ないんですね。。。

楽しそうな旅ですね!
いい出会いを☆
fuku
2009/12/29 07:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
隊員総会とサモア隊員紹介 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる