〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震から3週間の雑記

<<   作成日時 : 2009/10/20 21:19   >>

トラックバック 0 / コメント 2

朝起きたら頭痛。しかも結構キツめ。持病の偏頭痛とは違うが、体も少々熱っぽく「やべー、デング熱か?」と思ってぞっとしたが、どうやら熱はなかったので頭痛薬を飲んでひたすら寝る。午後からはだいぶ回復したのでよかったが、今後も睡眠と栄養と蚊対策には配慮しないと・・・。(と言いながら栄養が心配なサバイイ島の生活。。。)

---

あの大地震があってから今日でちょうど3週間。
そんな今日、お昼前に再び地震があった。JICAオフィスのあるドミトリー(隊員連絡所)にいたが、おそらく震度3ぐらいで体にしっかりと揺れを感じるレベル。さすがに一瞬ぞっとした。すぐに貴重品をまとめに部屋へ戻ったが、津波を知らせるサイレンが鳴らなかったため、避難もせずに一安心。やはり体は恐怖を覚えている。普通は震度3ぐらいならば「あ、地震だ」と平然としているのだろうが、「今度はアピアに津波が来るかも・・・」と思うとやはり少し恐怖心がある。赴任先のパラウリというところは海にも近くて楽しみだったが、よいことばかりではない。万が一のときは気をつけないといけない。

---

数日前からアピア港にニュージーランドのアーミーの船が来ていて、救援物資を持ってきている。空にもときどきヘリコプターが巡回している。テレビでも救援物資を運び出す様子が流されていた。また、津波後は連日テレビで寄付を募るCMが流されている。
また、日本から昨日津波調査団の方々などが来ているらしく、現地調査や色々な計測を行っている模様。このサモア沖地震と津波(Wikipediaリンク)のことが忘れられないようしっかりと調査して日本へ再び正しい情報を発信してほしい。

---

夕方17時を過ぎると、日差しがかなり落ち着き、海沿いの風が大変心地がよく、そらもキレイ。この時間が一番好き。港沿いのランニングコースを走る人たちも気持ちがよさそう。ふと、JICAオフィスの裏にある学校の校庭を見ると、最近毎日のようにゴツイ体(=無駄に太っていない)をしたムキムキマンたちが本気でラグビーをしている。なんだろう?意外とナショナルチームの練習だったりして。
そうなんです。サモアはラグビーが強いんです!

---

サバイイ島への赴任が予定より1日遅れ、22日になった。
理由は荷物運搬車を乗せるための船の切符が取れなかったから、とのこと。9月から赴任日はわかってたんだからもう少し早く手配しておけばよいのに・・・と思いつつ、サバイイ島での生活が一日遅れることにどこか一安心。一日生き延びた。。。笑

---

今日から同期隊員が一足先に新居(ホームステイ)へ。そんなわけで今夜から3泊はこのJICAドミトリーにも一人ぼっち。いよいよ本当に一人となる孤独の生活が始まる。
3週間かけてようやく今日届いたダンボール荷物や、新居へ持っていく食器やら鍋やらを部屋中に広げ、引越しのための荷物を整理開始。首都で一体何を買い揃えていけばよいのだ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
地震は普通に揺れだけを警戒しますが、島国ではそのあとの津波を警戒しなきゃいけないんですね。
カメルーンは安定陸塊なので地震もないと思います。自然災害的なものはあまり聞かないです。
何かと大変かと思いますが頑張っていきましょう。
あと、僕のブログです「http://ameblo.jp/kinkinnikuniku515」たまに覗いてみてください。
わたる
2009/10/21 01:07
島流しになると思ってないかい。何も買わなくていい。
ヒロ
2009/10/21 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震から3週間の雑記 〜最後の楽園 サモアの国へ〜 青年海外協力隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる